心も身体も元気になれる!赤色のカーテンのおしゃれな取り入れ方


「活力あふれる毎日を送りたい」とお考えなら、赤色のカーテンを選ばれてみてはいかがでしょうか。温かみのある赤色には人に元気を与える効果があるため、身の回りに赤があると前向きな気持ちになれるといわれています。

ただし、赤色の濃淡によっては派手な印象を与える可能性も。そのような特徴をしっかりと押さえたうえで赤色のカーテンをお選びいただくことで、居心地の良い素敵な空間創りを実現できます。

ここでは、赤色が持つカラーイメージや心理効果を踏まえながら、赤色のカーテンを上手に取り入れる方法を解説いたします。さらに、WARDROBE sangetsuの通販サイトでご購入いただけるおしゃれな赤色のカーテンもピックアップいたしました。

ぜひ赤色のカーテンを上手に取り入れて、気分が上がるお部屋作りを実現させましょう。

赤色は心身を元気づけてくれるカラー

赤色は、「情熱」「活力」「積極的」など、パワフルさをイメージさせる色です。心身を元気づける効果があり、食欲増進や体感温度の上昇が期待できます。

また、時間の経過を長く感じさせたり、闘争心を生んだりする心理効果も。活力あふれる毎日を過ごしたい方や自分に自信を付けたい方は、ぜひ赤色のカーテンを取り入れてみましょう。

赤色はパッと目を引く色なので、カーテンカラーに取り入れると空間をぐっとおしゃれに仕上げてくれます。ただし興奮作用もあるため、真っ赤ではなくダークトーンや淡いレッドをチョイスしたり、カーテン全体ではなく柄に赤色が入っているタイプを選ばれたりするとよいでしょう。

赤色のカーテンを上手に取り入れる4つのポイント

一口に赤色のカーテンといってもさまざまな種類があり、どのようなタイプを選ぶべきか迷われる方が多い傾向があります。また、取り入れる場所やコーディネート方法についても悩まれるケースがあるかもしれません。

そこで、以下では赤色のカーテンを上手に取り入れるポイントをご紹介します。色の濃淡やほかの家具との組み合わせ方、さらに風水の考えなども参考にしながら、ご自宅にぴったりの赤色のカーテンを選んでみましょう

【ポイントその1】色の濃淡に注目して選ぶ

赤色のカーテンには、パキッとした鮮やかな赤や落ち着いたトーンの赤など、さまざまなタイプがあります。そのような色の濃淡に注目して、イメージするお部屋の雰囲気にマッチする赤色のカーテンを選ぶことが大切です。

たとえば、クラシックな印象にしたいときはワインレッドのカーテンが向いています。そのような深みのある赤色は広い面積に使っても派手にならず、お部屋をおしゃれな雰囲気に仕上げられる、おすすめの色合いです。

カジュアルテイストのお部屋に取り入れる場合は、柄のなかに赤色が入ったカーテンでアクセントをつけるとおしゃれに仕上がります。

【ポイントその2】仕事運や勉強運を高めたい場合は「東」の方角に

赤色のカーテンをどのお部屋に取り入れようか迷われる場合は、風水の考えを参考にされてみてはいかがでしょうか。風水とは気の流れを整えて開運を呼び込む考え方で、色にはそれぞれ相性が良い方角があるとされています。

そのような風水において赤色は「火の気」を持ち、元気や活力を与えてくれるカラーです。仕事運や勉強運のアップにかかわる「東」の窓と相性が良いので、東側に赤色のカーテンを取り入れるとよいでしょう。

逆に気を付けたい方角が、赤色同様に火の気を持つ南向きの窓です。相乗効果によって火の気が強くなりストレスが溜まる可能性があるため、南側には避けることをおすすめします。

風水を取り入れたカーテン選び

【ポイントその3】リビングやお子さま部屋に取り入れる

心身を元気づけてくれる赤色のカーテンは、ご家族が集まるリビングやダイニング、さらにはお子さま部屋のカーテンに向いています。ただし体感温度を上昇させる作用もあるため、夏はガラスの小物や観葉植物などを置いて緩和させるとよいでしょう。

ちなみに、寝室に取り入れたい場合には「深みのある赤」がおすすめです。鮮やかな赤は興奮作用が強く不向きですが、淡く落ち着いたトーンの赤ならお部屋が優しい印象になり、リラックス効果を期待できるでしょう。

【ポイントその4】床の色やお部屋のスタイルに合わせる

赤は進出色とも言われ、手前に迫ってくるように感じられる色でもあるので、圧迫感を感じさせないようにコーディネートを工夫することが大切です。特に合わせる床の色によって空間全体の印象が大きく変わるため、床との組み合わせや目指すお部屋の雰囲気を意識して赤色のカーテンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

たとえば、グレー系の床に合わせると上品な印象になり、大人の雰囲気を演出できます。また、ナチュラルブラウンのような薄い色の床に合わせると圧迫感がやわらぐので、狭いお部屋にも取り入れやすいでしょう。

もしも床の色が目指す雰囲気と異なる場合は、大きめのラグを敷くなど工夫をすることでぐっと理想に近づけられます。

さらに、素材や柄の有無によってもお部屋に与える印象が変わります。シックな雰囲気を目指すなら素材にこだわった彩度が低めで落ち着いたトーンの無地タイプを、カジュアルな雰囲気に仕上げるなら柄が入ったタイプをというように、お好みのスタイルに合わせてチョイスされるとよいでしょう。

WARDROBE sangetsuこだわりの赤色のカーテンをご紹介

WARDROBE sangetsuでは、「こんな赤色のカーテンなら取り入れてみたい」と感じていただけるような、おしゃれな赤色のカーテンを販売しております。ぜひ無料でお取り寄せいただける生地サンプルにて素材や色合いをチェックしながら、ご自宅に最適なカーテンをお選びください。

ネイティブ ミックス

上記写真のカーテンはこちら

赤を効かせたネイティブ柄がおしゃれな、やわらかな肌触りのコットンカーテンです。海を感じる西海岸スタイルや味わいのあるヴィンテージスタイル、さらにはエスニック調のボヘミアンスタイルなど、流行のインテリアの主役として取り入れてみてはいかがでしょうか。

生地を2枚重ねることで、ほどよく光を遮る遮光カーテンである点も注目したいポイントです。表はネイティブ柄、裏はギンガムチェック柄になっており、風でカーテンがなびく度に違った表情をお楽しみいただけます。

メロウコットン ワインレッド

上記写真のカーテンはこちら

しっとりとした大人の空間を演出されたい場合は、こちらのワインレッドのカーテンはいかがでしょうか。最高級の起毛加工によるスエードのような肌触りが特徴のコットン素材で、寝室のような落ち着いて過ごされたいお部屋にぴったりです。

リビングに取り入れる場合は、シルバーやガラス、革の家具や照明などと組み合わせてスタイリッシュなアーバンシックスタイルに。また、ナチュラルアラベスクのような柄のあるレースカーテンと組み合わせると、大人っぽいクラシカルなスタイルに仕上がります。

赤色のカーテンで気持ちが前向きになれる空間創りを

赤色のカーテンをお部屋に取り入れると、空間がぐっとおしゃれに変わります。色の濃淡や柄の有無、素材の違いに注目して、目指されるスタイルにマッチする赤色のカーテンを選んでみましょう。

WARDROBE sangetsuのオーダーカーテンなら、縫製スタイルやサイズを細かく指定した理想通りのカーテンが手に入ります。心も身体も元気になれる赤色のカーテンを、ぜひお部屋のコーディネートに取り入れてみてください。

WARDROBE sangetsuでは、理想通りの縫製スタイルやサイズを指定できるオーダーカーテンをご案内しております。お取り寄せできる生地サンプルで、素材の色味や質感をチェックしながら、ぜひ、ご自宅に合うカーテンをお選びください。

コラム内でご紹介したおすすめ商品はこちら

WARDROBE sangetsu

暮らしを変えるカーテンをあなたに

最後までお読み頂きありがとうございます。WEB限定のオーダーカーテンブランドWARDROBE sangetsuでは服を変えるように、季節や気分でカーテンを掛け替える新しいインテリアの楽しみ方を提案しています。是非ショップをのぞいてみてください。

このコラムを読まれた方は、こちらも読まれています

あなたにおすすめのコラムはこちら

人気のコラム