天然素材について

植物や動物の毛といった自然由来の素材からつくられた天然繊維は呼吸をします。
水を含んで伸びたり、乾燥すると縮んでシワになったり。
使いこむほどに私たちの暮らしになじむその表情をお楽しみください。

麻/リネンについて

img_01

吸水性や速乾性、熱伝導率に優れ、ひんやり・さらりとした独特の肌触り。涼しく感じられるので、春夏におすすめです。使えば使うほど、味わいのある風合いへと変わってゆきます。衣服やインテリアに使われる麻はリネン(亜麻)とラミー(苧麻)が一般的です。

リネンとは

リネンの原料はフラックス(アマ科 アマ属)という植物で、フランス、ベルギー、オランダなどヨーロッパを中心に栽培されています。
リネンの素材は細く短く、ソフトでしなやかな風合いです。古くからキッチン、バス、ベッドまわりなど生活のあらゆる場面に使われてきました。ヨーロッパでは下着にも使われたことから、一説にはランジェリー(Lingerie)の語源はリネン(Linen)だとも言われています。

ラミーとは

ラミーの原料は苧麻(ちょま、通称カラムシ。イラクサ目 イラクサ科)という植物で、中国、フィリピン、ブラジルが主な産地となっています。
ラミーの素材は太く長いためハリ・コシがありますが、毛羽立ちが多く絡まりやすい特性も。適切な加工が必要なため日本国内で扱える工場は限られています。
リネンと同様に衣服やインテリアに使用されています。

  • ※素材の特性上、節(ふし)や糸玉(ネップ)などがあり目立つことがあります。また、植物樹皮などが糸に混入する場合があります。

綿/コットンについて

img_02

コットンのやわらかい風合いと優れた吸汗性は、デリケートな赤ちゃんの肌着にも使われるほど。薄手のものや厚手のものなどバリエーション豊富で、季節を問わずオールシーズンおすすめです。

コットンのもつ優れた保温性

綿花のままではふわふわとした状態ですが、撚ることで隣り合った素材が絡まり1本の糸となります。糸になった素材はマカロニ状となっているため、空気を含みやすく保温性にも優れています。

  • ※素材の特性上、節(ふし)や糸玉(ネップ)などがあり目立つことがあります。また、植物樹皮などが糸に混入する場合があります。

羊毛/ウールについて

img_03

羊毛から作られるウールはふっくらあたたかな肌触りで秋冬におすすめです。調湿作用やシワがつきにくいなど優れた性質をもち、衣服だけではなくインテリアにも使われています。

実は身近に使われるウール

ウールは毎日使う学生服やスーツに採用されています。ウールの素材はひだで覆われており、ひだを開閉して湿度を調節します。ひだの外側は撥水作用があり多少の雨や汚れを防ぎます。また、弾力性が高いのでシワになりにくく、型崩れしにくい性質も。

  • ※素材の特性上、節(ふし)や糸玉(ネップ)などがあり目立つことがあります。素材の特性上、熱に弱いためアイロンを直接かけないでください。アイロンをかける場合はあて布をおすすめいたします。毛玉が出来た場合は、引っ張らずにカットするようにしてください。

天然素材の特性について

自然由来の素材からつくられた天然繊維はデリケートです。人工物にはない、天然素材の特性があります。

シワ・伸び縮みについて

img_04

シワについて

合成素材(ポリエステルなど)に比べシワになりやすい特性があります。シワが入ることでこなれた雰囲気が出てきます。
※シワが気になる場合は霧吹きで湿らせていただくと収まってきます(目立たない部分でお試しのうえ、軽めに霧吹きをしてください)。
img_05

湿気による伸び縮みについて

天然素材は吸湿性があり、季節や環境によって伸び縮みします。湿気を含んだカーテンはその重みで伸び、水分が抜けるときに縮む力が働きます。
img_06

お洗濯による縮み

お洗濯すると縮んだり、シワがつきやすくなります。また、乾燥する時期にも縮む傾向があります。お手入れをされる場合はお手入れについてをご確認ください。

節(ふし)や糸玉(ネップ)について

img_07 節(ふし)
img_08 糸玉(ネップ)
img_09 植物樹皮

自然由来の植物や動物の毛を原料としているため、節(ふし)や糸玉(ネップ)といわれる部分が目立ったり、植物樹皮などが見えることがあります。素材の味としてお楽しみください。

変色について

お洗濯をすると色が淡くなったり、長時間日が当ると黄みの色に変化することがあります。時間の経過と共に変化してゆくその過程をお楽しみください。
また、自然由来の植物や動物の毛を原料としているため色ムラが生じることがありますが、品質不良ではありませんのでご安心ください。

天然素材の特性について

  • 吸湿性のある素材です。特性上、生地が伸び縮みする場合があります。また、端部で反り返りなどが起こる場合があります。
  • 天然素材の商品は、洗濯や長時間の日当りにより色落ちや変色が起きる場合がありますが、品質不良ではなく天然素材の特性によるものです。
  • 合成素材(ポリエステルなど)に比べシワになりやすいため、お取り扱いにはご注意ください。
  • 同一商品内で色ムラが生じることがありますが、品質不良ではなく天然素材の特性によるものです。
  • 天然素材特有の色ムラがあるため、サンプル生地とは色の差異が生じる場合があります。
  • 天然素材特有のにおいを発するものがありますが、こまめに換気をしていただくことで時間とともに薄れていきます。
  • お洗濯の際は、必ずタグラベルに記載している洗濯表示をご確認ください(タグラベルについて)。
  • 漂白剤・蛍光増白剤の入った洗剤で洗濯すると、白っぽく変色したり色ムラが生じることがありますので無蛍光洗剤を使用してください。
  • 摩擦により毛羽立ちが生じることがありますので、揉み洗いや擦り洗いはお避けください。
  • 素材の特性上、節(ふし)や糸玉(ネップ)などがあり目立つことがあります。


このほか、商品ごとの特性がある場合は各商品ページの「お取り扱いのご注意」に記載しておりますのでご確認ください。
また、ご覧いただいている環境により、色の印象が異なる場合があります。