新築に必要なカーテン費用の相場は? 購入方法と選び方も解説


新築住宅にお引越しされる場合、理想の住まい作りを目指して家具や家電などを新調されるケースが多く見られます。そのため何かと出費がかさむものですが、特に気になるのが「カーテンの価格」ではないでしょうか。

カーテンをすべてのお部屋に取り付けるとなると、意外と費用がかかります。また、新築一戸建ての場合はカーテンレールが設置されていない場合もあり、トータルでどの程度予算を見ればいいのか不安を感じる方もいるかもしれません。

そこで、今回は新築住宅にカーテンを取り付ける場合の費用相場やカーテンの購入方法、さらにはカーテン選びの注意点などをご紹介します。

事前に相場やポイントを押さえたうえで、スマートにカーテンの準備を進めましょう。

新築住宅におけるカーテン費用の相場は「30万円~」が目安

まっさらな新築住宅にカーテンを取り付ける際、一般的にはハウスメーカーや工務店に依頼するケースが多く見られます。その場合はすべての窓にオーダーカーテンを勧められる傾向があり、たとえば戸建て4LDK(または窓10ヶ所)でおよそ30万円~が平均の相場です。

30万円というのは最低ラインのため、カーテンのグレードや窓の大きさ、カーテンレールの種類などによって予算が変わります。そこに採寸や取り付け代、出張費用が上乗せされると、50万円以上かかるケースも珍しくありません。

もしもトータル30万円前後に収めたい場合には、メインとなるリビングのカーテンのみオーダーカーテンにするのもよいでしょう。お金をかける部分と抑える部分のメリハリを付けることで、予算内でやりくりしやすくなります。

ただし、カーテン費用は依頼する業者によって異なります。ここでご紹介する相場はあくまでひとつの目安として参考にされながら、ご自宅の場合にどのくらいの予算を見たらいいのかを事前に確認することが大切です。

新築住宅のカーテンを購入する方法

新築住宅へのカーテンを購入する方法は、大きく分けて3つあります。ハウスメーカーや工務店に依頼する方法、カーテン専門店を利用する方法、さらには既製カーテンをご自身で取り付ける方法です。

以下では、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説いたします。カーテンの質や予算など重視したいポイントを考えながら、ご自宅にとって最適な方法を選ばれてみてはいかがでしょうか。

ハウスメーカーや工務店に依頼する

最もスムーズな方法が、新築住宅の施工業者を通してカーテンを注文することです。この場合、ハウスメーカーや工務店が提携するカーテン業者を紹介してもらえるため、ご自身でカーテン業者を探す手間を省けます。

また、新築住宅の工事と並行してカーテンレールの取り付けも行ってくれることから、引き渡し時には注文したカーテンが掛かっている状態に。業者間のやりとりや取り付けまでをすべてプロに依頼できるため、失敗が少ない点が大きなメリットです。

ただし、ハウスメーカーや工務店を通す際のマージンが費用にプラスされるので、ほかの方法に比べると割高になる傾向があります。また、カーテン業者を自由に選べないため、理想とする素材や色、デザインのカーテンが見つからない場合がある点にも注意が必要です。

カーテン専門店を利用する

次にご紹介するのは、ご自身でカーテン専門店に依頼をする方法です。実店舗やオンラインショップなどでカーテンを注文しておけば、指定した納品日に納入してもらえます。

カーテン専門店で購入する最大のメリットは、イメージ通りのお部屋作りを実現しやすいこと。バリエーション豊かな色や素材、デザインのなかから理想的なカーテンをお選びいただけるため、インテリアにこだわりたい方におすすめです。

また、カーテン専門店との直接的なやり取りにより、施工業者に依頼する場合に比べると費用が割安に。値段がリーズナブルなカーテンでそろえれば、さらに費用を抑えられるでしょう。

注意したい点は、ご自身でカーテンサイズを測ったり、打ち合わせをしたりなどの手間がかかることです。カーテンレールやフックなどを別途手配しなければいけないケースもあります。その場合、カーテンレールの取り付けは工務店に依頼しておきましょう。失敗なくきれいに設置してもらえます。

カーテン専門店を利用するのはカーテンサイズを測る必要があるなど少し手間はかかるものの、カーテンの専門家のアドバイスを聞きながら、柄やスタイルなど理想のカーテン選びを慎重に進められるおすすめの方法です。

オーダーカーテンについて

既製カーテンをご自身で取り付ける

3つめにご紹介するのは、既製カーテンをご自身で取り付ける方法です。ホームセンターや量販店などで既製品を購入し、カーテンレールの設置も含めてすべてご自身で行うことで、費用を最小限に抑えられます。

デメリットといえる点が、既製カーテンはご自宅の窓の大きさに合わない場合もあること。既製品の場合はオーダーカーテンとは異なり、サイズを指定できないケースが多く、窓にぴったりと合うカーテンが見つかりづらい傾向があります。

また、カーテンレールは壁に穴を開けて設置するため、ご自身で取り付ける際には正しい知識や技術が必要です。たとえばレールの取り付けに耐えられる下地があるか、エアコンの取り付け位置や扉の位置や開閉の仕方など、ひとつひとつのポイントを確認したうえで設置することが求められます。

もしも正しくカーテンレールを設置できていないと、見た目のバランスが悪いだけでなく、カーテンレールの落下などのトラブルにつながる可能性も。また、せっかくの新築物件を傷つけてしまう恐れもあるため、取り付けは工務店に依頼する方が安全です。

新築住宅のカーテンを賢く選ぶ3つのポイント

カーテンの購入方法が決まったら、カーテン選びの注意点も押さえておきましょう。せっかく高価なカーテンを購入しても、「実際に取り付けてみたらイメージと違った」「色や柄がお部屋の雰囲気に合わない」など後悔するケースは少なくありません。

以下でご紹介する3つのポイントを参考に、新築住宅のカーテン選びを慎重に行いましょう。

【ポイントその1】サンプルで色や素材を確認する

カーテンは実店舗で商品を見ながら購入すると失敗が少ないですが、もしもオンラインショップで購入される場合には「生地サンプル」を注文されるとよいでしょう。色や素材、柄の雰囲気などがイメージと異なる場合もあるため、カタログや画面上だけで決めずにサンプルを見てから選ばれることをおすすめします。

ちなみに、WARDROBE sangetsuでは生地サンプルを5枚まで無料でお届けしております。ぜひ実際の生地をお手に取ってご確認いただき、理想のカーテン選びにお役立てください。

サンプルのお取り寄せはこちら

【ポイントその2】お部屋の用途やインテリアに合わせる

上記写真のカーテンはこちら

失敗なくカーテンを選ぶために、目指したいお部屋の雰囲気やインテリアスタイルをあらかじめ明確にしておくことも大切なポイント。ですが、まっさらな新築の何もない状態では理想の空間をイメージしづらいかもしれません。

その場合は、リビングや寝室、お子さま部屋など、お部屋の用途に合わせて色や柄を考えてみるとよいでしょう。たとえばリビングには高級感があるカーテンを、寝室にはナチュラルな雰囲気のカーテンをというように、お部屋での過ごし方を意識されると選びやすくなります。

また、お部屋の方角にも注目することで、遮光や目隠しなど必要な機能性が自然と見えてくるでしょう。このようにお部屋の雰囲気や用途に合わせてカーテンを選ぶことで、おしゃれで快適な空間創りを目指せます。

新築のカーテン選びについて

【ポイントその3】すぐに使用しないお部屋のカーテンにはこだわらない

将来のお子さま部屋などすぐに使用しないお部屋がある場合には、そのお部屋のカーテンにはこだわらないのも費用を抑えるコツです。せっかくオーダーメイドの高価なカーテンを設置しても好みが変わる可能性があるため、使用しない間はお手頃価格の既製カーテンを取り入れるなど工夫をされるとよいでしょう。

また、閉めたままになりそうな窓やすりガラスの窓には、ドレープカーテンとレースカーテンのどちらかだけでも十分かもしれません。人目につかないお部屋のカーテンはコストを抑えて、リビングや寝室などこだわりたいお部屋のカーテンに予算をかけることをおすすめします。

相場を踏まえてスマートに理想のお部屋作りを実現

新築住宅のカーテン費用は高額になりやすく、購入方法によっても予算は変わってきます。費用がかかってもプロに完璧に仕上げてもらうのか、それとも費用を抑えてご自身で取り付けるのか、重視したいポイントを考慮しながら慎重に検討することが大切です。

もしもご自身でカーテンレールから取り付ける場合は、リスクを伴うため注意しましょう。また、カーテンを取り付けてから「イメージと違った」ということがないように、目指したい雰囲気やお部屋の用途を意識してカーテン選びをされるとよいでしょう。

新築のお部屋は、理想の空間創りを実現させる絶好のチャンスです。今回ご紹介した費用相場や購入方法、選び方などを参考に、スマートにカーテン選びを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

新築におすすめのカーテンはこちら

WARDROBE sangetsu

暮らしを変えるカーテンをあなたに

最後までお読み頂きありがとうございます。WEB限定のオーダーカーテンブランドWARDROBE sangetsuでは服を変えるように、季節や気分でカーテンを掛け替える新しいインテリアの楽しみ方を提案しています。是非ショップをのぞいてみてください。

このコラムを読まれた方は、こちらも読まれています

あなたにおすすめのコラムはこちら

人気のコラム