カーテンの測り方をおさらい!正しいサイズを選ぶポイントを解説

カーテンの測り方をおさらい!正しいサイズを選ぶポイントを解説
2019/07/29

カーテンは、窓にぴったりなサイズを選ぶことがとても大切です。

例えば、窓よりも小さなサイズを選ぶと、隙間から部屋の中が見えてしまう恐れがあります。また、逆に大きすぎる場合は生地が床に垂れて汚れやすくなったり、開閉しづらかったりと、不便を感じることもあるでしょう。

そこで今回は、カーテンサイズの正しい測り方や、測る際の注意点を詳しく解説していきます。ジャストサイズのカーテンを選んで快適に過ごすことができるよう、上手に測るポイントをチェックしていきましょう。



カーテンのサイズを測る際はメジャーを準備

カーテンのサイズを測る前に、まずはメジャーと脚立または踏み台を準備しておきましょう。より真っすぐ正確にサイズを測るために、メジャーは曲がりづらく、長さが十分にあるものを使うのがおすすめです。その際、メジャーは上から下へ垂らすのではなく、下から上に伸ばした方が測りやすくなります。

WARDROBE sangetsuでは、生地のサンプルをお取り寄せいただいたお客様に、サイズが測りやすい仕様の簡易メジャーをプレゼントしています。カーテンを購入される際には、ぜひご活用ください。

カーテンサイズを正しく測る4つのポイント

最適なカーテンサイズを調べる方法は、実はとてもシンプルです。「横幅」と「丈」を正しく測れば、取りつけたい窓にジャストなカーテンのサイズがわかります。

ただし、カーテンレールやフックの違いによって幅の測り方が異なったり、レースカーテンの丈を決めるコツがあったりといった注意点もあります。以下でご紹介する4つのポイントを参考にしながら、慎重にカーテンサイズを測っていきましょう。

【ポイント①】幅(巾)を測る

最初のステップは、幅(巾)の採寸です。このとき、窓ではなくカーテンレールの幅を測りましょう。

具体的には、カーテンレールの両端にある固定ランナー(フックを引っ掛ける部分)の穴から穴までの長さをメジャーで採寸します。そのサイズに5~7%プラスした長さが、適切なカーテンの横幅です。

ちなみにカーテンには片開きと両開きがあり、両開きのカーテンを希望する場合は2枚取りつけることになります。つまり、測ったカーテンレールの幅のサイズを2等分したものが1枚分の幅になることを覚えておきましょう。

【ポイント②】丈(高さ)を測る

続いては丈(高さ)の採寸です。幅のときと同様に、カーテンレールの端にある固定ランナーを軸として、その穴から床(腰高窓の場合は窓枠の下端)までの長さを測ります。

その際、窓の種類によって以下のように丈の長さを調整しましょう。

掃き出し窓の場合

ドレープカーテン 上記で測った長さ -1㎝程度
レースカーテン 上記で測った長さ -2㎝程度

窓が床近くまである掃き出し窓の場合は、一般的に本来の長さよりも多少マイナス気味に調整する必要があります。ぴったりな丈のカーテンをつけてしまうと生地が床に擦れて傷んだり、ヒダが綺麗に出なかったりするので注意しましょう。

ただし、生地が天然素材の場合は注意が必要です。天然素材の特徴でもある素材の伸縮を加味しなければいけません。天然素材のカーテンをお選び頂く際には、床ぴったりの長さでオーダーしましょう。

腰高窓の場合

ドレープカーテン 上記で測った長さ +15㎝程度
レースカーテン 上記で測った長さ +14㎝程度

腰高窓の場合は、窓枠が隠れる長めのカーテンをつけることで、見栄えをよくする効果が期待できます。そのため、上の表で記載した長さを、本来の長さにプラスするのがおすすめです。

【ポイント③】フックの種類をチェック

カーテンフックには「Aフック」と「Bフック」の2種類があり、レールの種類や窓回りに合わせて選ぶ種類を変えます。では、AフックとBフックの違いについて、以下の表で見ていきましょう。

Aフック Bフック
カーテンを取りつける位置 レールの下(レールが見える) レールの正面(レールが隠れる)
特徴 ほとんどのレールに使用できる 光の漏れが少ない

取りつける位置が異なりますが、AフックとBフックは実は同じもの。フックのひっかけ部分が上の方にあるか下の方にあるかの違いだけなので、AフックもBフックもカーテンの丈(高さ)の測り方は同じです。

ただし、オーダーカーテンにする場合にフックの指定を間違えると、窓に合わないことがあるため注意しましょう。また、Bフックはレールの種類や取り付け方によって、開け閉めしにくくなる可能性があります。例えば、レールが天井に付いている場合はカーテン上部が天井にぶつかってしまい、開閉しにくくなることも。

そのようなときは、アジャスターフックで多少丈の長さを調整できますが、見た目が悪くなったり、レールの部品にぶつかったりする恐れがあるので、過度な信頼は禁物です。

レールや窓まわりの環境をきちんと確認したうえで、フックの種類を決めるようにしましょう。迷ったら、ほとんどのレールに使用できるAフックを選ぶことをおすすめします。

【ポイント④】レースカーテンのサイズを決める

レースカーテンはドレープカーテンとダブルで吊るケースが多いですが、後ろに吊るレースカーテンの丈はドレープカーテンよりも短めにするのが一般的です。2つの丈を同じにすると、下からレースカーテンが見えてしまうため見栄えがよくありません。

目安としては、ドレープカーテンよりも1㎝~2㎝マイナスしたサイズを選ぶことで、レースカーテンを綺麗に内側におさめられます。

幅は特に調整する必要がないため、ドレープカーテンと同じサイズにしましょう。

カーテンサイズを測るときに注意したい4つのケース

カーテンサイズの基本的な測り方をご紹介しましたが、カーテンを設置する場所やレールの種類、窓の形など、測り方やフックの選び方が変わるケースがあります。

ここでは、カーテンサイズを測る際に注意したい4つのケースを詳しくご紹介していきます。

用途に合わせて丈の長さは調整する

カーテンの丈の長さは、窓周りのインテリアや用途に合わせて調整した方がよい場合もあります。例えば、腰高窓のすぐ下に家具が置いてある場合は、前述のように丈を長めにとるのではなく、カーテンが家具にぶつからないように少し短めに調整すると、見た目がすっきりと美しくなります。

ただしあまりに短くしすぎると、日差しで家具が変色してしまう可能性もあるので注意しましょう。もちろん、掃き出し窓と同様、床に擦らない程度の長さのカーテン丈にするのも問題はありません。

また、遮光性の高いカーテンを使う場合はカーテンと床の隙間から漏れる光が気になることもあります。そのようなときは、床にぴったりと沿うくらいの丈にするのもひとつの方法です。

装飾レールの場合

カーテンレールには、機能性レールと装飾レールの2種類があります。機能性レールはよく見かけるアルミ製や樹脂製のタイプで、装飾レールはデザイン性の高いポールタイプのものです。

装飾レールの測り方

装飾レールには両端に装飾キャップがついており、幅を測るときはそのキャップの付け根から測ることがポイント。機能性レールのように両端の固定ランナーの穴から穴までの長さを測ったり、キャップを含めて測ったりすることがないように注意しましょう。

レールの長さを測ったら、そのサイズに5%~7%プラスした長さのカーテンを選びます。少し長めの幅にすることで、カーテンを閉めた状態のときに生地が少し波打つような、ゆとりのあるスタイルを実現できます。

注意しなければいけないのが、機能レールと装飾レールが段違いになっていて、レールの高さが前後で異なる場合です。そのような場合は、両方のレールで丈を採寸する必要があります。

フックの選び方

装飾レールはインテリア性が高いため、ドレープカーテンはレールを隠さないAフックが適しています。

ただし、イラスト左のようにレースカーテンのみ機能性レールの場合は、レースカーテンをBフックにしてレールを隠しても構いません。もちろん、気にならない場合はドレープカーテンと同様にAフックを選ぶとよいでしょう。

出窓の場合

出窓とは、壁から飛び出るような造りの窓のことです。レールの形状や付き方によって、カーテンサイズの測り方やフックの選び方が異なります。

カーテンレールが「正面付け」の場合の測り方

カーテンレールが出窓の正面にまっすぐ付いている「正面付け」の場合は、腰高窓と同様に採寸します。幅はレール両端にある固定ランナーの穴から穴まで、丈は固定ランナーの穴から窓枠の下端までの長さです。

仕上がり幅と仕上がり丈に関しては、以下の表をご参照ください。

仕上がり幅 レールの長さ×1.05~1.07
例)100㎝×1.07=107㎝
仕上がり丈 測った長さ+15~20㎝
※レースカーテンはドレープカーテン-1㎝
例)ドレープカーテン:100㎝+15㎝=115㎝
レースカーテン:115㎝-1㎝=114㎝

フックは、AフックとBフックどちらでも問題ありません。カーテンレールの種類や部屋におけるバランスを見ながら、好みのタイプを選びましょう。

カーテンレールが「天井付け」の場合の測り方

出窓の窓枠の内側にカーテンレールが付いている「天井付け」の場合は、幅の測り方が特殊です。左右の一番端にある固定ランナーの穴の距離を、レールのカーブに沿って測ります。

丈を測る際は、カーテンの裾が窓枠にかからないように長さを調整する必要があります。具体的な調整方法は以下をご確認ください。

仕上がり幅 レールの長さ×1.05~1.07
例)100㎝×1.07=107㎝
仕上がり丈 固定ランナーの穴から窓台までの長さを測り、そこから1㎝~2㎝程度マイナスする
※レースカーテンはドレープカーテン-1㎝
例)ドレープカーテン:100㎝-1㎝=99㎝
レースカーテン:99㎝-1㎝=98㎝

天井付けの場合、フックはAフックが適しています。Bフックを選んでしまうと、カーテン上部が天井に当たって開閉しづらくなってしまう可能性があるためです。

また、なかには正面付けと天井付けの両タイプのレールが付いているケースもあります。その場合はそれぞれの方法で幅と丈の長さを測って、適切なサイズを把握することが大切です。

カーテンレールがない場合

新築など、まだカーテンレールが付いていない状態で、早めにサイズを測ってカーテンを準備しておきたいケースもあるでしょう。あるいは、もともとカーテンレールが付いていない窓にカーテンを取り付けたい場合もあるかもしれません。

しかし、カーテンレールがない状態で適切なサイズを測ることは困難です。カーテンサイズは窓枠ではなくカーテンレールをもとに測るため、レールなしの状態では正しく採寸できません。

そのような際は無理にサイズを測ろうとせず、カーテンレールを取り付けることから始めましょう。不動産屋さんや業者さんに相談しながらレールの種類や取り付け位置を決定し、実際に取り付けが完了してからカーテンサイズを測ることをおすすめします。

カーテン選びはサイズを測るところからスタート

カーテン選びにはデザインや機能性も大切ですが、まずはサイズを把握することがポイントです。ここでご紹介した測り方を参考に、それぞれの窓に合った適切なサイズのカーテンを選びましょう。

ただし、せっかく好みのデザインや機能のカーテンが見つかっても、既製品だと自宅の窓に合うサイズがない場合も。そのような際は、無理に既製品にこだわらず、オーダーカーテンを選択するのもおすすめです。

WARDROBE sangetsuでは、サンプル生地をお取り寄せ頂くと簡易メジャーをプレゼントしております。ぜひご活用ください。

カーテンにはさまざまな選択肢があります。柔軟に考えながら、自宅の窓にぴったりなものを選ぶようにしましょう。



コラム内でご紹介したおすすめ商品はこちら

このコラムを読まれた方は、こちらも読まれています

あなたにおすすめのコラムはこちら

人気のコラム