「MANNISH(マニッシュ)」でスタイリッシュな空間創り

「MANNISH(マニッシュ)」でスタイリッシュな空間創り
2019/08/22

リネンやコットン、ウールの天然繊維で織られる、WARDROBE sangetsuのカーテン。自然由来の魅力を活かしたお部屋作りに向けて、WARDROBE sangetsuでは「NATURAL(ナチュラル)」「FEMININE(フェミニン)」「MANNISH(マニッシュ)」の3スタイルをご提案しております。

今回は「MANNISH(マニッシュ)」のコーディネート術やカーテンの選び方をご紹介いたします。

【目次】

「MANNISH(マニッシュ)」スタイルとは?

 ・ヴィンテージ感を感じさせる「MANNISH(マニッシュ)」スタイル

 ・カフェのようなお部屋を実現できる

「MANNISH(マニッシュ)」の空間を創るときの配色

 ・ベースカラーは白やグレーをチョイス

 ・床に使う木目は年代を感じさせる「古木」

 ・ナチュラルな雰囲気の床ならラグを敷いてみよう

 ・大胆に天井を外してヴィンテージ感を演出

「MANNISH(マニッシュ)」でカーテンを選択するときの注意点

 ・カーテンの柄に合わせて裾の丈を決めよう

 ・ヒダを取らない「ライトウェーブ」でカジュアルに

合わせる小物は「存在感を主張するもの」

 ・アッシュリネン セピアグレー/ドレープカーテン

 ・ウィンドウぺーン ブラック/レースカーテン

 ・ソフトウール ネイビー/クッション(中材込)

お部屋作りのポイントは、ダークトーンをメインに

「MANNISH(マニッシュ)」スタイルとは?

上記写真のカーテンはこちら

・ヴィンテージ感を感じさせる「MANNISH(マニッシュ)」スタイル

マニッシュの意味は、「男性のような」。WARDROBE sangetsuの「MANNISH」は、ヴィンテージ感を漂わせる大人クールなスタイルです。インテリアは、全体的に落ち着いたダークトーンでまとめることがコーディネートのポイントです。

・カフェのようなお部屋を実現できる

大人っぽくてかっこいい「MANNISH」では、カフェのようなオシャレなお部屋を実現できます。
お部屋を自分好みにリノベーションしたり、古木やアイアンをインテリアに取り入れたりなどお部屋作りにこだわりたい人は、「MANNISH」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「MANNISH(マニッシュ)」の空間を創るときの配色

お部屋作りに大切なポイントは、壁や床、小物に使う「配色」です。壁や天井は「ベースカラー」、家具やカーテンなどは「アソートカラー」、小物類は「アクセントカラー」 というように、3種類のカラーでお部屋を配色するとバランスよく仕上がります。

これら3種類のカラーの比率は、ベースカラーが70%、アソートカラーが25%、アクセントカラーが5%になるように意識しましょう。配色の比率に気を配ることで、空間が引き締まります。

・ベースカラーは白やグレーをチョイス

壁や天井に使うベースカラーは、タイルの「白」やモルタルを感じさせる「グレー」など、塗り壁をイメージできるカラーにすると良いでしょう。また、キレイに塗るよりも、あえてラフさを残して仕上げたほうが「MANNISH」の雰囲気に合わせやすくなります。

・床に使う木目は年代を感じさせる「古木」

「MANNISH」の床に使う木目は、年代を感じさせる「古木」を選びましょう。 グレーがかったタイプや木の色が濃いタイプなど、ダークトーンの木材にするのがポイントです。
ちなみに、明るい色味の木目は「NATURAL(ナチュラル)」スタイルのお部屋に適しています。ヴィンテージ感のある「MANNISH」スタイルに合わせるなら、暗めの木の色の床材を選びましょう。

・ナチュラルな雰囲気の床ならラグを敷いてみよう

もしも賃貸にお住まいの場合は、好みの色に床を張り替えることは難しいでしょう。
例えば、オークのようなナチュラルな雰囲気の床のお部屋で「MANNISH」な空間を創りたい場合は、ラグを敷いて床の木目を隠す方法がおすすめです。 また、小物にアイアンや革製品、ブラックの額面などを取り入れると、よりヴィンテージ感が高まります。

・大胆に天井を外してヴィンテージ感を演出

リノベーションが可能な物件であれば、天井を外すスタイルもおすすめです。あえてダクトを見せることでヴィンテージ感が高まり、大人っぽくてかっこいい「MANNISH」な空間を実現できます。

「MANNISH(マニッシュ)」でカーテンを選択するときの注意点

上記写真のカーテンはこちら

「MANNISH」スタイルにおすすめしたいカーテンは、モノトーン調のカラーや直線的なデザインなどクールなタイプです。
WARDROBE sangetsuのカーテンは天然繊維で生地がやわらかいため、クールな色味やデザインでもぬくもりのある空間に仕上がります。もしも床や壁がダークトーンのカラーであれば、淡い色のカーテンを組み合わせてメリハリを出す方法もおすすめです。

・カーテンの柄に合わせて裾の丈を決めよう

  • 裾が床までのタイプ
  • 裾が長めのタイプ 【ブレイクスタイル】

カーテンの丈は、裾が床までのタイプと、裾を床から20センチ程垂らす「ブレイクスタイル」の2種類 があり、「MANNISH」スタイルは両方のタイプに適しています。もしブレイクスタイルにする場合、「カーテンが床に付くと裾にホコリが溜まるのでは…」と不安に思う方がいるかもしれません。

WARDROBE sangetsuのカーテンは天然素材で静電気が起こりにくく、ホコリが溜まりにくいので存分にブレイクスタイルを楽しめます。

ただし、チェックやボーダーなど直線的な柄のカーテンを選ぶ場合は、ジャストタイプにするのがベターです。ブレイクスタイルにするとラインが崩れて、スタイリッシュな雰囲気が薄れてしまう可能性があります。

無地のカーテンなら、ブレイクスタイルでも問題ありません。カーテンの柄に合わせて、裾の長さを決めると良いでしょう。

・ヒダを取らない「ライトウェーブ」でカジュアルに

  • スタンダード
  • リッチウェーブ
  • ライトウェーブ

WARDROBE sangetsuのカーテンの縫製仕様は、カーテンレールの長さに対して1.5倍のゆとりを持たせてヒダを作る「スタンダード」、2倍のゆとりを持たせる「リッチウェーブ」、ヒダを取らない「ライトウェーブ」の3パターンをご用意しています。

その中で「MANNISH」におすすめしたい縫製仕様は「ライトウェーブ」です。ヒダを取らないことでラフな印象になり、ヴィンテージ特有のカジュアルな雰囲気を出すことができます。

合わせる小物は「存在感を主張するもの」

「MANNISH」の空間を創るアイテム選びのポイントは、「存在感を主張するもの」を選ぶこと。「MANNISH」に使われるベースカラーやアクセントカラーそのものが強いので、小物の主張が弱いと存在感が薄くなり、お部屋から浮いてしまう可能性があるためです。

例えば、 照明を置くならアイアンを取り入れたもの、観葉植物を置くならグリーンの濃いものや葉が大きいものなど、デザインや色味に個性があるタイプをチョイスすると良いでしょう。

・アッシュリネン セピアグレー/ドレープカーテン


上記写真のカーテンはこちら

セピアグレーは、ダークトーンの木目やモルタル調の壁と相性がぴったりのカラーです。スタイリッシュな空間を作る「MANNISH」のベースカラーに取り入れてみてはいかがでしょうか。 無地のカーテンなので、カーテンの裾が床までの長さのスタイルはもちろんブレイクスタイルも楽しめます。

・ウィンドウぺーン ブラック/レースカーテン


上記写真のカーテンはこちら

カーテンをブラックにすることで落ち着きのある上質な雰囲気になります。大きめのチェック柄のウィンドウぺーンはドレープカーテンと組み合わせても良いですが、1枚でも十分に大人っぽいクールなお部屋を演出できます。

・ソフトウール ネイビー/クッション(中材込)

上記写真のクッションはこちら

「MANNISH」のお部屋に置く小物は、濃いめのカラーで存在感のあるアイテムが最適です。デニムをイメージさせるネイビーのクッションは、深みのある色でヴィンテージ感を演出してくれます。

お部屋作りのポイントは、ダークトーンをメインに

「MANNISH」なお部屋を作るポイントは、ダークトーンをメインにまとめること、存在感を主張するアイテムを選ぶこと、そして素材にヴィンテージ感を出すことです。

今回ご紹介したカーテンの選び方やコーディネート術を参考に、大人っぽくてかっこいい空間を創ってみてはいかがでしょうか。WARDROBE sangetsuで、あなただけの「MANNISH」スタイルを探してみてください。

「MANNISH(マニッシュ)」スタイルにおすすめ

同じカテゴリのおすすめ記事

同じタグのおすすめ記事

人気記事