カーテンタッセルでおしゃれな印象のお部屋に。タッセルの種類と特徴をご紹介


日中は、カーテンを開けて過ごす時間が長いものです。カーテンを寄せてまとめる際にはタッセルを使うのが一般的ですが、タッセルにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか?

なかには「タッセルのデザインなんて気にしたことがなかった」という方もいることでしょう。確かに注目される機会は少ないですが、こだわって選ぶことでワンランク上のインテリアを目指せるアイテムです。

ここでは、タッセルの種類や選び方のポイントなどを大公開。お部屋の雰囲気やカーテンに最適なタッセルを見つけて、お気に入りの空間創りを実現させましょう。

おしゃれな雰囲気を演出できるカーテンタッセル

一般的に「タッセル」とは、糸などを房状に束ねた房飾りのことです。元々はマントの留め具を指す言葉として使われていましたが、現在ではおしゃれを演出するアイテムとして衣服や靴などにも活用されています。

そしてカーテンにおけるタッセルとは、カーテンを束ねる際に使用する紐やバンド、房飾りを意味します。カーテンの購入時には同じ生地で作られたカーテンタッセルが付属するケースが多いため、普段何気なく使っている方が多いかもしれません。

最近ではカーテンタッセルの種類が増え、素材やデザインが異なるさまざまなタイプが続々と登場しています。風にあおられてカーテンが閉じるのを防ぐだけでなく、タッセルのデザインを変えてお部屋の雰囲気をぐっとおしゃれにできるので、ぜひこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

カーテンタッセルの種類と特徴

カーテンタッセルには、大きく分けると4つのタイプがあります。実用性だけでなくデザイン性にも優れた種類がたくさんあるので、それぞれの魅力をここで詳しくチェックしていきましょう。

【種類その1】房掛け(タッセルフック)にかけるタイプ

タッセルの両端に輪になった紐が付いていて、壁に取り付けられた房掛けに引っ掛けてカーテンを束ねるタイプです。カーテンタッセルのなかで最もオーソドックスな種類といえます。

フックタイプのタッセルを使う際には、ご自宅の窓辺に房掛けが付いているかを事前にしっかりと確認しておきましょう。房掛けはもともと窓の両端に付いている場合もあれば、ご自身で取り付けなければならない場合もあります。

豊富なデザインが展開されているので、カーテンの素材や色・柄、目指すお部屋の雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。以下では、特に人気の高いデザインをピックアップしました。

舟形タッセル

  • リボン付き舟形タッセル

名前の通り船の形をしていることから、舟形タッセルと呼ばれています。通常、厚手のカーテンには同じ布生地のタッセルが付くケースが一般的で、すっきりと統一感のある雰囲気に仕上がります。

上下が非対称の舟形タッセルですが、取り付ける際は少しカーブを描いている面が下を向くように使うのが正しい使い方です。

なかには、フリルやリボンなどの装飾が施されている商品もあります。お部屋に個性を出したい場合は、そのようなタイプを選ぶのもひとつの方法です。

ちなみに、WARDROBE sangetsuで厚手のカーテンを購入すると、同じ布生地の舟形タッセルが付きます。両開きの場合には2枚、片開きの場合には1枚プレゼントしておりますが、レースカーテンには付属しておりませんのでご注意ください。

ロープタッセル

ロープ状のタッセルで、特に洋風なお部屋の雰囲気にぴったりマッチします。光沢感がある糸で作られたタイプを選べば、空間に高級感がプラスされてエレガントな印象に仕上がります。

装飾としてフリンジ付きのタイプが多く見られますが、フリンジなしのシンプルなタイプも人気です。さまざまな素材や色・柄のカーテンと合わせやすいため、気軽に取り入れられるタッセルといえます。

ビーズタッセル

アクリルビーズやウッドビーズ、パールビーズなどを使用したタッセルです。素材によって見た目の印象が異なるため、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。

たとえば、アクリルビーズやパールビーズのタイプは上品な雰囲気のお部屋に最適。まるでカーテンがジュエリーを身にまとったようなおしゃれ感を演出できます。

一方で、ウッドビーズのタイプはナチュラルな雰囲気のお部屋にぴったりです。木の質感が床の木目とマッチし、落ち着きのある空間に仕上がります。

【種類その2】マグネットタイプ

タッセルの両端にマグネットが付いていて、カーテンを挟んで留めるタイプです。とてもシンプルな作りで、どのような種類のカーテンも簡単にまとめられます。

ただし、カーテンのボリュームによっては磁気が弱いと束ねられないため注意しましょう。厚手のカーテンの場合は、しっかりと安定して留められる強力なタイプがおすすめです。

【種類その3】クリップタイプ

房掛けが必要なく、手軽に使えて人気なのがクリップタイプです。留めたり外したりを片手でパッと行えて、簡単にカーテンを開閉できます。

クリップタイプも種類が豊富で、花や葉、動物などさまざまなデザインのものがあります。横に留めるだけでなく、クリップの先を上に向けて縦向きに留めるなどアレンジを楽しめる点も魅力です。

注意したい点が、クリップの開きには限界があること。カーテンのボリュームによっては大きさが合わない場合があり、特に生地が厚めのタイプは留めきれない恐れがあります。また、クリップが引っ掛かり、カーテンが傷ついてしまう可能性もあるため、デリケートな素材のカーテンの場合は充分に気を付けましょう。

【種類その4】ワイヤータイプ

自由に形を変えられる、ワイヤーを用いたタイプです。カーテンのボリュームや形状に関係なく束ねられ、カーテンをしっかりとまとめられます。

房掛けがなくても使用できるため、どの窓辺にも気軽に使えて便利です。また、カーテンに跡が付きにくく、デリケートな素材でも傷を付けずに利用できるメリットもあります。

カーテンタッセルを上手に選ぶ3つのポイント

カーテンタッセルには魅力的な種類が多く、どのタイプにしようか迷われるケースもあるでしょう。そのようなときは、インテリアやカーテンとの相性・バランスをチェックしたり、使いやすさを考慮したりするなど、「カーテンタッセルに求めるもの」を明確にしておくと選びやすくなります。

ここでは、カーテンタッセルを失敗なく選ぶ3つのポイントをご紹介。上手な選び方を押さえて、ご自宅の窓辺に最適なタイプを見極めましょう。

【ポイントその1】まずは房掛けの確認を

カーテンタッセルを選ぶ前に、まずはタッセルを掛ける房掛け(タッセルフック)が付いているかを確認しましょう。房掛けが付いていない場合は、房掛けを用意して取り付ける必要があります。

一般的に、カーテンの上から3分の2くらいの位置にタッセルの縁が来ると、見た目のバランスがよいとされています。しかし、カーテンをまとめる際はタッセルが重力の影響で垂れてしまうため、タッセルの縁が房掛けよりも低い位置に見えてしまうものです。そのことも踏まえ、房掛けは少し高めに取り付けましょう。

また、掃き出し窓に房掛けを取り付ける際は、窓の大きさによってはタッセルに手が届きにくくなることも。実際に使う場面も考え、手が届く高さに房掛けを用意するとよいでしょう。

賃貸住宅などで壁や窓枠に穴をあけられない場合は、粘着テープなどで貼り付けるタイプの房掛けを活用するか、クリップタイプやワイヤータイプのように房掛けが不要なタッセルを用意することをおすすめします。

【ポイントその2】お部屋の雰囲気に合うデザインを選ぶ

実際にカーテンタッセルのデザインを選ぶ際は、お部屋の雰囲気に合わせることがポイントです。特にカーテンの素材やデザイン、色などとテイストを合わせるとバランスよく仕上がります。他にも、お部屋のインテリアの色味と合わせることで統一感を出したり、カーテンと同色系にしてインテリアを引き立てたりといった使い方も可能です。

たとえば上品で高級感のあるお部屋には、大きなフリンジやビーズのついたタイプがおすすめです。また、北欧スタイルやナチュラルテイストのお部屋には、ウッドビーズや小ぶりの装飾がついたタイプを合わせるとよいでしょう。季節や気分に応じて、雰囲気の異なるタッセルをいくつか使い分けるのもおしゃれです。

【ポイントその3】お手入れのしやすさと使いやすさを意識する

カーテンタッセルの素材選びで迷ったら、お手入れのしやすさや使いやすさにも注目してみましょう。

まずはお手入れについて。カーテンタッセルはカーテンと同様に人目に触れやすいアイテムなので、いつもきれいな状態で使っていきたいところです。

しかし、カーテンを開け閉めする際に毎日触るため汚れやすいうえ、窓の近くにあることから黒ずんだ汚れが蓄積しやすい傾向にあります。洗える素材のタイプを選ぶと、定期的に洗濯できるためおすすめです。

また、カーテンタッセルは毎日使うものだからこそ、使いやすさも重視して選びましょう。たとえばカーテンの開閉を頻繁に行うリビングには取り扱いが楽なタイプを、子ども部屋には子どもが簡単に使えて危険な要素がないタイプを選ぶなど、使う人に配慮して選ぶことも大切です。

タッセルの結び方にもこだわるとおしゃれ

タッセルをより上手に活用したい方は、結び方にもこだわってみると、お部屋をおしゃれに演出できます。ロープタッセルの場合は、カーテンをまとめた後に余った紐を蝶結びにしてみたり、ワイヤータイプをカーテンに巻き付けて結んでいるように見せかけたりするだけで、おしゃれな印象が増すのでおすすめです。

また、カーテンをあえてざっくりと留める、カーテンの下の方をリボンなどでまとめる、マグネットタイプやクリップタイプを使ってカーテンを持ち上げるようにまとめるなど、カーテンの留め方そのものをアレンジすることもできます。

お部屋や窓の雰囲気に合わせて、タッセルの結び方やカーテンの留め方そのものに注目してみると、よりおしゃれな印象のお部屋を演出できるでしょう。

タッセルを手作りしてみるのもおすすめ

タッセルは、カーテンを留める紐と、ウッドビーズのような紐に取りつける装飾品を用意すれば、自分で手作りすることもできます。既製品のカーテンタッセルをビーズやぬいぐるみなどで装飾するなどして、お部屋の雰囲気に合うようにリメイクするのもよいでしょう。

なかなか既製品にお部屋の雰囲気とマッチするデザインのものがない場合は、手作りでお気に入りのカーテンタッセルを用意してみるのもおすすめです。

こだわりのカーテンタッセルでお部屋をぐっとおしゃれに

さまざまな種類があり、選ぶ楽しみがあるカーテンタッセル。簡単に取り替えられるので、気軽にお部屋のイメージチェンジができます。

「お部屋の雰囲気をもっとおしゃれにしたい」 そんなときは、カーテンタッセルから見直してみてはいかがでしょうか。なかなか気に入ったものが見つからない場合は、既製品を少しアレンジしてオリジナルのカーテンタッセルを用意することもできます。

注目されることは少ないですが、タッセルはタイプや結び方によって、お部屋の印象を大きく変えられるアイテムです。季節や気分に合わせて楽しむファッションのように、カーテンタッセルを使った窓際のコーディネートを楽しみましょう。

おしゃれなタッセルにおすすめのカーテンはこちら

このコラムを読まれた方は、こちらも読まれています

あなたにおすすめのコラムはこちら

人気のコラム

WARDROBE

最後までお読み頂きありがとうございます。WEB限定のオーダーカーテンブランドWARDROBE sangetsuでは服を変えるように、季節や気分でカーテンを掛け替える新しいインテリアの楽しみ方を提案しています。是非ショップをのぞいてみてください。

新着レビュー