柄を活かすカーテンの選び方とは?風水の効果と選ぶポイントをご紹介


カーテンを決める際に、大きなポイントとなるのが「デザイン」です。選ぶ柄によってお部屋の雰囲気が左右されるだけでなく、風水的にも得られる効果が変わるといわれています。

そこで、今回は風水の考えに基づいた柄の持つ効果や、柄物カーテンを選ぶ際のポイントをご紹介します。柄の持つ特性を活かして、理想のお部屋作りを目指しましょう。

柄を選ぶなら大柄? 小柄?

柄物のカーテン選びにおいて最初に押さえておきたい点が、大柄なのか小柄なのかによってお部屋の見え方が大きく変わることです。

一般的には、大柄で色鮮やかなカーテンには圧迫感があり、お部屋が狭く見えるといわれています。そのため、空間を広く見せたい場合には小柄のカーテンがおすすめです。

ただし、大柄でも余白が多いデザインや寒色系のカーテンであれば、お部屋をスッキリと見せてくれます。また、お部屋の広さや天井の高さ、窓の大きさによって柄の大きさが与える印象は変わることもあるため、そういったさまざまな要素を踏まえたうえで柄の大きさに注目するとよいでしょう。

【柄別にチェック】風水における開運効果

風水的に見て、カーテンはお部屋の運気を左右するといわれています。方角に合うカラーのカーテンを取り入れることで運気アップにつながりますが、実は色だけでなく柄にも開運効果が期待できます。

そこで、次からは柄の持つ開運効果についてチェックしていきましょう。ご自身が上げたい運気に合わせて、最適な柄を選んでみてください。

チェック柄

上記写真のカーテンはこちら

チェック柄は、安定運アップが期待できる柄です。特に学業や仕事に関する運気を高めてくれるので、子ども部屋や書斎などに向いています。

カラー選びで迷ったら、ベージュやブラウン、グリーンなどのアースカラーを選ぶとよいでしょう。空間に落ち着きが生まれて集中力アップにつながるほか、リラックス効果もあり過ごしやすいお部屋に仕上がります。

ストライプ柄・ボーダー柄

上記写真のカーテンはこちら

ストライプやボーダー柄は、家族運アップにつながる柄です。家族の健康を守る、家族間の揉め事を落ち着かせる、家族を精神的に癒やしてくれるといった効果が期待できます。

そのため、家族が集まるリビングにはもちろん、思春期や反抗期を迎えたお子様が過ごすお部屋にもおすすめです。

星柄

星柄は、金運・仕事運アップが期待できる柄です。やる気アップにつながり、才能を輝かせる柄ともいわれているため、仕事や勉強で成果を上げたいときに取り入れるとよいでしょう。

また、黄色の星やキラキラの星の柄をチョイスすると、さらに金運アップ効果が高まるといわれています。

花柄

上記写真のカーテンはこちら

花柄は、恋愛運をアップさせたい場合におすすめの柄です。大柄であれば新しい出会いにつながり、小柄であれば好きな人やパートナーとの関係性が深まる効果が期待できます。

ピンク色も恋愛運につながるカラーなので、ピンク色×花柄のカーテンを選べばさらに運気アップを狙えるでしょう。ちなみに、リボン柄やハート柄も恋愛運を上げる柄といわれています。

水玉柄

上記写真のカーテンはこちら

水玉柄は金運アップが期待できる柄です。また、水玉の丸い形にはリラックス効果があり、良い運気を運んでくれるといわれています。何か良いことが起きてほしい、運気全体をアップさせたいという場合には、ぜひ水玉柄のカーテンを選んでみましょう。

水玉柄は特に水回りと相性が良いとされているので、洗面所や洗濯機近くの窓などで活用するのもおすすめです。

植物柄

上記写真のカーテンはこちら

木や葉っぱなどの模様が描かれている植物柄は総合的な運気を高め、健康運や金運アップにつながる柄です。柄を通じて自然のエネルギーを感じられるため、心身ともにポジティブなパワーがみなぎってくるでしょう。

また、植物柄に多く見られるグリーンのモチーフ柄は、風水では万能な効果を表すともいわれ、心を落ち着かせる癒やしの効果も期待できます。リビングや寝室など、リラックスしたい場所におすすめです。

風水を取り入れたカーテン選び

柄物のカーテンを選ぶ5つのポイント

柄の持つ開運効果に注目するとカーテンを選びやすくなりますが、理想のお部屋作りのためにはさまざまな観点から考えることも大切です。そこで以下では、柄物のカーテン選びの際に意識したい5つのポイントをご紹介します。

【ポイントその1】カーテンのスタイルや生地にこだわる

上記写真のカーテンはこちら

一口にカーテンといっても、ドレープ・レース・シェード・ロールスクリーンなどさまざまな種類があります。どのスタイルを選ぶかによって柄の見え方が変わってくるため、イメージするお部屋の雰囲気やお好みの柄に最適なタイプを選びましょう。

もしも大柄のカーテンを取り入れたい場合は、フラットカーテンやシェードカーテン、ロールカーテンがおすすめです。掛けたときの凹凸が少ないため、柄がきれいに見えてすっきりとした印象に仕上がります。

また、生地の特徴に合わせて柄を選ぶのもひとつの方法です。カーテン生地には大きく化学繊維のタイプと天然繊維のタイプがあり、生地の素材によって特徴が異なります。素材感や肌触りをチェックしながら、お手入れのしやすさやほかの家具との相性、お部屋に与える印象などを考慮して選ぶとよいでしょう。

天然素材の魅力について

【ポイントその2】色の配色を考える

色の配分を意識することは、カーテン選びにおいて大切なポイントです。お部屋は主に以下の3つのカラーで構成されており、そのカラーバランスによって空間の心地よさが決まるといわれています。

ベースカラー 床・壁・天井など部屋の基本になる色
メインカラー
(アソートカラー)
家具・カーテンなどインテリアの主役になる色
アクセントカラー クッション・小物などインテリアのポイントになる色

基本的にはベースカラーを70%、メインカラーを25%、アクセントカラーを5%の割合にするのがお部屋をバランスよくまとめる方法です。

また、色の彩度や明度を表す「トーン(色調)」にも注目すると、お部屋のおしゃれ度がぐんと高まります。具体的には、以下のようなトーンの合わせ方がおすすめです。

トーン イン トーン 異なる色味で彩度のレベルを合わせるコーディネート方法
トーン オン トーン 同じ色味で彩度のレベルを変えるコーディネート方法

実は、どちらの手法においても色味とトーンのどちらかを変化させます。色味もトーンもすべて同じに合わせてしまうと、メリハリのない単調な雰囲気に仕上がるため注意しましょう。

上記写真のカーテンはこちら

このようにカラーバランスやトーンの手法を踏まえたうえで、ほかのインテリアとの相性を意識しながらカーテン選びを行うことが大切です。たとえば明るい木目調の家具や床のお部屋には、同じ色味のナチュレルシンプルのカーテンに青や緑のアクセントカラーを取り入れると、簡単に北欧テイストなお部屋が完成します。

カーテンの色の選び方

【ポイントその3】お部屋のコーディネートに合わせる

どのようにお部屋をコーディネートしたいか、どのようなインテリアを置いているかに応じて、カーテンの柄を決めるのもおすすめです。たとえば、幾何学模様の柄を取り入れて北欧風のお部屋にしたり、ボーダー柄を取り入れて西海岸風の爽やかなお部屋にしたりすることができます。

他にも、存在感のある花柄なら、柄の形や色遣いを変えることでさまざまなテイストのお部屋に使えるでしょう。ポップなお部屋にしたい場合はチェック柄、シンプルなお部屋なら無地など、お部屋のコーディネートを考えながら柄を選ぶのもおしゃれです。

【ポイントその4】柄の持つ効果から考える

カーテンの柄には風水だけではなく、視覚的に与える効果もあります。柄の持つ効果を考えて選べば、カーテンでお部屋の雰囲気を変えることも可能です。

たとえば、ストライプ柄には天井を高く見せる効果があるため、お部屋の圧迫感を減らすことができます。ボーダー柄なら奥行きを持たせてお部屋を広く見せることで、落ち着いた印象を演出できるでしょう。 お部屋が狭く見えてしまうなどの悩みがある場合は、カーテンの柄が持つ効果に注目してみてはいかがでしょうか。

【ポイントその5】お部屋の用途に合わせた機能性をチョイス

上記写真のカーテンはこちら

カーテンには、遮光や遮熱、遮音、UVカット、ウォッシャブルなどさまざまな機能性がついている商品があります。より快適な空間創りを目指して、お部屋の方角や用途に適した機能性カーテンを選んでみましょう。

たとえば、強い日差しをカットして快適に過ごしたい寝室やリビングには遮光カーテン、汚れた手で触られやすい子ども部屋にはウォッシャブルカーテンがおすすめです。

ちなみに、遮光カーテンは等級によって遮光効果が異なります。光を遮るレベルについてはもちろん、カーテンを閉めたときのお部屋の状態にも注目しながら、慎重に選ぶことが大切です。

遮光カーテンについて

柄物のカーテンでお部屋をもっとおしゃれに

上記写真のカーテンはこちら

柄物のカーテンは、お部屋をぐっとおしゃれに変身させてくれます。実際に選ぶ前に、目指すお部屋のイメージやカーテンに求める効果、機能性などを明確にしておくと、カーテン選びがしやすくなるでしょう。

WARDROBE sangetsuでは、購入前に柄の大きさや色味、デザイン、生地の質感が確認できるように、サンプルのお取り寄せができます。ぜひご利用ください。

「こんな柄がいいな」と思っても窓に合うサイズがない場合は、サイズを細かく指定できるオーダーカーテンがおすすめです。ぜひお気に入りの柄物カーテンで、気分が上がる心地よいお部屋作りを楽しみましょう。

コラム内でご紹介したおすすめ商品はこちら

WARDROBE sangetsu

暮らしを変えるカーテンをあなたに

最後までお読み頂きありがとうございます。WEB限定のオーダーカーテンブランドWARDROBE sangetsuでは服を変えるように、季節や気分でカーテンを掛け替える新しいインテリアの楽しみ方を提案しています。是非ショップをのぞいてみてください。

このコラムを読まれた方は、こちらも読まれています

あなたにおすすめのコラムはこちら

人気のコラム